俳句添削道場(投句と批評)

佐渡さんの添削投稿の古い順の6ページ目

「はつ蝶のあとにつらなる登校児」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: はつ蝶のあとにつらなる登校児

げばげば様 温かいコメントありがとうございます。
まだ俳句を始めて一月も経たない初心者ですから、ご指導が励みになります。
これからもよろしくご指導お願いいたします。

点数: 1

「山羊と仔山羊にどつき回され春暑し」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 山羊と仔山羊にどつき回され春暑し

秋沙美様 おはようございます。いつもご指導ありがとうございます。

イサクさんに寒桜は冬の季語とはご指定いただき不勉強を恥じ入るばかりです。
少しは進歩しているとのコメントいただき励みになります。これからご指導よろしくお願いいたします。

点数: 0

「北の地に木の芽は今日もふくらみて」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 北の地に木の芽は今日もふくらみて

イサク様 おはようございます。いつも的確なご指導勉強になります。
手元に歳時記をおいているのですが、寒桜を確認せず恥じ入るばかりです。
寒桜の季語が間違えていては俳句になりませんね。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 0

「豆腐屋の鐘の近づく春夕べ」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 豆腐屋の鐘の近づく春夕べ

げばげば様おはようございます。いつもご指導ありがとうございます。
寒桜の季語はのイサクさんご指摘の冬とは不勉強でした。
歳時記のチェックを失念してました。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

御句の豆腐を売る姿は近年見かけませんが、懐かしい風情が頭に浮かびました。

点数: 1

「帰り道朝より太き木の芽かな」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 帰り道朝より太き木の芽かな

なおじい様 いつも丁寧なご指導ありがとうございます。

いろいろ考えて「それぞれ」の言葉浮かびましたが、俳句ではよく使われる言葉なのですね。
勉強になります。
御句ですが、私もこぶしの花を観て毎日膨らむ様を俳句にと考えています。
ところがなかなか良いものができません。難しいものですね。

点数: 1

佐渡さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

わが余命俳句楽しむ蓮の花

回答数 : 14

投稿日時:

故郷をまるごと齧る夏休み

回答数 : 6

投稿日時:

夏休み机の上の時刻表

回答数 : 6

投稿日時:

鬼の居ぬ明るき職場夏休み

回答数 : 4

投稿日時:

人間の勝った負けたと沙羅の花

回答数 : 6

投稿日時:

佐渡さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

行く春や匂ひ袋を帯に下げ

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

父と見し翡翠子と見てる翡翠

作者名 いなだはまち 回答数 : 17

投稿日時:

鎌研ぎの音や禾すなはち登る

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ