俳句添削道場(投句と批評)

佐渡さんの添削得点の低い順の4ページ目

「春雨やあな忙殺の日曜日」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 春雨やあな忙殺の日曜日

イサク様 おはようございます。
いつもご指導ありがとうございます。
素人がどうしても使いたくなる「ごと」でした。
これかもご指導よろしくお願いします。

点数: 0

「春雨やあな忙殺の日曜日」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 春雨やあな忙殺の日曜日

イサク様おはようございます。
いつも的確なご指導ありがとうございます。
紅椿と紅を重ねることは少しためらい咲くままにとも考えました。

語順を変えると俳句らしくなりました。
勉強になります。

点数: 0

「ひなあられぜんぶあたしのぶんだから」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: ひなあられぜんぶあたしのぶんだから

イサク様 さっそくのご指導ありがとうございます。
「あのひとの」は猫好きな人が毎日名前を付けて野良猫を世話をして甘い声で呼びかけている様子を想像してもらえればなんて。

御句の全部ひらがなを使っているところが子供の心を思わせる効果があると思います。

点数: 0

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 氷嚢になづさふ春の風邪籠

げばげば様 貴重なご指導ありがとうございます。励まされます。

つばきの花が花弁が散らず花ごと落ちる様を詠んでみたい思っていました。
これからもよろしくご指導お願いします。

点数: 0

「解体を待つ駅ビルや春夕焼」の批評

回答者 佐渡

添削した俳句: 解体を待つ駅ビルや春夕焼

なおじい様 おはようございます。
いつもご指導ありがとうございます。
笛はいつも同じ人が吹くのかひどく大きく聞こえ早く集まれと聞こえます。それでけたたましとしました。
聞き手の感じ方も考えて方がいいのでしょうか。

点数: 0

佐渡さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

わが余命俳句楽しむ蓮の花

回答数 : 14

投稿日時:

故郷をまるごと齧る夏休み

回答数 : 6

投稿日時:

夏休み机の上の時刻表

回答数 : 6

投稿日時:

鬼の居ぬ明るき職場夏休み

回答数 : 4

投稿日時:

人間の勝った負けたと沙羅の花

回答数 : 6

投稿日時:

佐渡さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夏日照り湖底眺める人の居り

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

若葉風小さな恋のはじまりぬ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

次の世はあるのか否か月に問い

作者名 もんこ 回答数 : 8

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ