俳句添削道場(投句と批評)

ベンさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「携帯が鳴るなり裟婆の風薫る」の批評

回答者 ベン

添削した俳句: 携帯が鳴るなり裟婆の風薫る

コメントありがとうございます!

「かな」には、名詞と連体形の動詞をめちゃくちゃ強くする
そういうことも知らずに、とりあえず俳句っぽく「かな」とか「や」なんて言葉を使ってました。
ご指摘助かりました(; ꒪ㅿ꒪)

感想
親からの電話なのかな?娘?とりあえず待ってくれていた家族からの電話なんだろうな!と思いました。

風薫るがとても心地よく思いました!

点数: 1

「三面の記事より薄く切る胡瓜」の批評

回答者 ベン

添削した俳句: 三面の記事より薄く切る胡瓜

かぬまっこ様

添削ありがとうございます。
動詞が3つも...あぁ、最悪ですね😭
童心や青鷺を追ひ遠回り
遠回りという言葉はやはり抜かせませんでしたか、ありがとうございます😭

プレバトという番組の動画をYOUTUBEで見て、勉強してきます…笑

感想
上手にスライスされますね笑
薄く透き通ったキュウリのみずみずしさなのか、
薄く切れた喜びなのかどっちを歌ったのかなと思いました!

点数: 1

「銀輪に積む夕刊や風薫る」の批評

回答者 ベン

添削した俳句: 銀輪に積む夕刊や風薫る

腹胃壮様
添削ありがとうございます!

月の船という言葉が何を伝えたいかをボカしてしまったようにご指導いただき思いました!
ダメダメですね、とても勉強になります泣

月が空の海を進んでる情景を書いたつもりでした!
同じ月を見てるのならあなたの元へワープ(乗せていって)したい!そんな意味も含みにしたかったです^_^

感想
「自転車に」が誤解なく表現できそうというような意見をチラッと見ました!
僕はバイクかなと思いました笑
銀輪という言葉が、メカニックな印象を持ちました。

点数: 2

「白昼の夢の残骸扇風機」の批評

回答者 ベン

添削した俳句: 白昼の夢の残骸扇風機

かぬまっこ様
添削ありがとうございました!
季語重なりや、二重の意味となってしまう言葉、自分ではそうならないように考えたつもりでも、
全然ダメダメでした(; ꒪ㅿ꒪)
勉強になります。

感想
『なんだ夢かぁ』というようなシーンですね!
扇風機は弱でゆっくり回っているのか、窓際で風に吹かれてゆっくり回っているだけなのか、どちらかだろうなと思いましたが、虚しく回っているのかなと想像しました!

点数: 0

ベンさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

遠山に重なる低き朧月

回答数 : 3

投稿日時:

車窓から夜涼工場は赤銀河

回答数 : 3

投稿日時:

青鷺が去るなり踊る競ふかな

回答数 : 4

投稿日時:

涼しさや月の船見て君思ふ

回答数 : 2

投稿日時:

その他の添削依頼

梨三つお隣さんのお裾分け

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

雀の子巣で待つ餌をくれる親

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

スーパーを探し歩いてこの秋刀魚

作者名 ひろみな 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ