俳句添削道場(投句と批評)

なおこさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「赤潮や黒き船首が道を裂く」の批評

回答者 なおこ

添削した俳句: 赤潮や黒き船首が道を裂く

かぬまっこ様、こんばんは。
いつもコメント、添削ありがとうございます。
以前の句には
東慶寺足を止めるは濃紫陽花
との添削ありがとうございました。
仰る通りとても混んでいたのですが、
たわわ は分かりずらいですね…

点数: 0

「赤潮や風も逃げ場も無き岬」の批評

回答者 なおこ

添削した俳句: 赤潮や風も逃げ場も無き岬

北野きのこ様 はじめまして、感想や添削ありがとうございます。
何回も読み返しています。
橙と藍は無いよと虹睨む
逆転の発想で、こういう考え方もあるのだ…と勉強になりました。
虹はいつか七色ちゃんと数えてみたいと、見かける度に指折り数えてますが、それを伝えようとするのは難しいですね。
アドバイス参考に推敲してみます。
またよろしくお願い致します。

俳句ポスト人に二句入選おめでとうございます。
私はまた並に一句でした…
赤潮は難しかったです。

点数: 1

「阿波おどり俳句コンテスト二千十八」の批評

回答者 なおこ

添削した俳句: 阿波おどり俳句コンテスト二千十八

腹胃壮様 いつもコメント、添削や的確なアドバイスをありがとうございます。
薄れゆく虹の様子を描写~の方で考え直しています。
またよろしくお願い致します。

点数: 1

「おもしろうてやがてかなしき句会かな」の批評

回答者 なおこ

添削した俳句: おもしろうてやがてかなしき句会かな

腹胃壮様、おはようございます。
いつも添削、コメントありがとうございます。
仰る通りの考えと技量不足で固有名詞を使わなかった(使えなかった)のですが、近所で見る紫陽花とは区別したかったので、添削の句は二つとも勉強になりました。一つ目は特に好みです。
またよろしくお願い致します。

点数: 2

「木々流る車窓に虹のうすれ際」の批評

回答者 なおこ

添削した俳句: 木々流る車窓に虹のうすれ際

かぬまっこ様、今晩は。
添削ありがとうございます。
名月院は「明月院」の誤りでした…
場所を入れ考え直してみます!

点数: 0

なおこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

竹林の木漏れ日透かす紅葉かな

回答数 : 2

投稿日時:

稲妻や旅の支度の手を止めて

回答数 : 2

投稿日時:

眠れずに二切れずつの西瓜かな

回答数 : 2

投稿日時:

紫陽花も列もたわわや明月院

回答数 : 4

投稿日時:

指折りて二色足らずや虹薄れ

回答数 : 2

投稿日時:

なおこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

母の日や吾を産みたるのその心地

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

俳人交流サイト今日の一句を開設しました

作者名 かぎろい 回答数 : 1

投稿日時:

春眠に赤法師レゾリナ生理

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ