俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削投稿の古い順に並んでいます

「ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ

こういう俳句を作りたいです!下五にあふれる優しさ、そこに誰かがいる幸福感を感じました!

点数: 1

「ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ

すてき!こういう俳句を作りたい!下五に優しさや、そこに誰かがいる幸福感があふれています!

点数: 0

「泉底の砂紋の奥の黄泉の穴」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 泉底の砂紋の奥の黄泉の穴

拙句、手水舎の添削ありがとうございました。季語で遊べるというのはとても学べました!ご提案の夏蛙にすると、冷ややかに見てるではなくても、静観する第三者の目線、または、夏蛙にセンサが反応するユーモラスな情景、読み手の想像の広がりを感じました。勉強します。

黄泉の国、発想の飛ばし方が素晴らしいですね。泉底で繋がっているのかもしれない神秘。

ありがとうございました!

点数: 1

「玄関は家の顔なり百合の花」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 玄関は家の顔なり百合の花

拙句、猫のひげを添削いただいてありがとうございます。
おっしゃる通りですね!猫が大好きな自分目線で考えすぎて、読まれた方の想像を無視してはいけないと痛感しました。まだまだ俳句を始めたばかりで、いろいろ勉強させてください!

御句は逆に情景がとてもよく浮かぶます。なり、という言い切りも効いていますね。素晴らしいです。

点数: 1

「ぽうときてふつと隠れる蛍かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: ぽうときてふつと隠れる蛍かな

はじめまして。
ぼうときて、いいですねー。
オノマトペや音ってあざとく見えることが多いですが、情景が思い浮かびます。

また一匹の蛍の描写でありながら、蛍が味わえる季節の短さも、ふつと隠れるに表れているような。こんな素敵な句が詠めるようになりたいです!

点数: 1

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

目高散れおのれの好きないろになれ

回答数 : 8

投稿日時:

睡蓮や朝はみづより生まれ来る

回答数 : 13

投稿日時:

あゝなんてきれいな夕焼け左様なら

回答数 : 24

投稿日時:

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 35

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

湖の波のたゆたゆ残る鴨

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

河童忌にだんだん大人として立つ

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

船虫の岸を崩してなだれ落ち

作者名 馬場芳樹 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ