俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削得点の低い順の1026ページ目

「積み込みを終えて花冷だったのか」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 積み込みを終えて花冷だったのか

こんにちは。
花一匁って、ヒマラヤさんの別名じゃないですよね?
俳句ポスト特選のヒマラヤさんですか?俳並連、今日はラジオでばんばんヒマラヤさんの話でてきましたね!おめでとうございます😊最高の仲間たちですね。
あれ?違う?ヒマラヤさんじゃない?だとしたら、パクリになりますね。

点数: 5

「薫風にロバの草食むカフェテラス」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 薫風にロバの草食むカフェテラス

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
切れが欲しい気がします。
薫風やロバの草食むカフェテラス

ロバがいるカフェなんておもしろい!そういう場所もあるのですね!

点数: 5

「ぬるぬると温む手と足田を植うる」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: ぬるぬると温む手と足田を植うる

こんにちは。
横から失礼します。
助詞マスターが来てくれるといいのですが、私が代弁です!

に、を、問題です。
道の辺に、これは文字通り場所を表す「に」となるので、道のほとりという場所、その一点にあるようなイメージです。
道の辺を、「を」となると、空間時間を含む助詞になるので、道のある一点というより、今歩いている道のほとり全体の空間や歩いている時間などが表現できます。そこに時間軸が生まれ、そのあたり一体を白きざわめきがある、そしてそんな時間を楽しんでる感じの奥行きが出る効果があります。
「の」は、ざわめきを名詞的に「を」は動きのあるものとして捉えてる感じがします。
この辺りは詠み手の意思によって選択していくものなのですが、微妙に届く光景や印象がかわります!
「へ」は、ざわめきがなかった道のほとりへ、ざわめきが移動してきた、という、道のほとりへの矢印が感じられます。

助詞って奥深い。今私も絶賛勉強中です。

点数: 5

「初生りの胡瓜届くや宵の酒」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 初生りの胡瓜届くや宵の酒

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

佳い句ですね!気持ちいい!
一点あるとしたら、届く。届くは、起きたことの報告なので、ここの三四音を胡瓜の描写に回すと、日記的に置く俳句から少し転換するかもしれません。

初生りの胡瓜〇〇〇〇宵の酒

何がいいでしょう。いろいろありますね。たとえば
視覚、触覚、味覚

初生りの胡瓜あかるし宵の酒
初生りの胡瓜ずつしり宵の酒
初生りの胡瓜じゆんわり宵の酒

点数: 5

「家人なき庭に紫陽花咲きにけり」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 家人なき庭に紫陽花咲きにけり

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。いい雰囲気が出ています。誰もいない家に紫陽花は咲き続ける対比。

このままでもいいですよねー!
家人なき、に少し説明したい気持ちが出てはいます。誰もいないのだろうなあとこちらが推測したのであって、見たものはからっぽの家なので。

あぢさゐの満ちて屋敷のがらんだう

点数: 5

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

目高散れおのれの好きないろになれ

回答数 : 8

投稿日時:

睡蓮や朝はみづより生まれ来る

回答数 : 13

投稿日時:

あゝなんてきれいな夕焼け左様なら

回答数 : 24

投稿日時:

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 35

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

砂塵嵐霊夢話さず甘い掴み

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

春風やリール長めの犬つれて

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

病院の窓を振るわす河原鶸

作者名 感じ 回答数 : 10

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ