俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削得点の低い順の1024ページ目

「焼きつける夏の思い出夕焼けと」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 焼きつける夏の思い出夕焼けと

こんにちは。
はじめまして、杉本さん。

今回の句は学校に提出する句ということなので、できればそのまま出して先生から評価をいただくのもいいのかなと思いますが、それとは別にして。

句について気になるところをいくつか。
・焼き付ける、という言葉が「目に焼き付ける」という意味で読み手に届きにくいかもしれません。暑くて暑くて焼き付けるような夏の思い出とかがあったのかなあと思って読みましたが、目に焼き付けるという意味だったのですね。ちなみに俳句は詠み手の目に焼き付けられた景色光景を17音であらわして、読んでる人に同じような光景を再現化させられるといいなあというものなので、「焼き付ける」と言わなくても、「詠み手の目に焼き付いてるんだなあ」とわかってくれます。

・次に、「夏」「夕焼け」これがどちらも季語になるので、どちからに焦点をしぼりたいですね、景色が見えるのは夕焼けなので、これを残しておきましょ。

・最後に中七。「夏の思い出」これがどんな思い出なのかを具体的に具体的に詠むと、とても読んでる人がじんわりする句になります。
 たとえば、その夕焼けはひとり部活の試合に負けたときに見ているのか、友人の告白が失敗したときにいっしょに見たのか、入院してる母の病院見舞いの帰りに見たのか、文化祭の準備の帰りに見たのか、いろんな場面があると思います。そういう具体的な光景と季語「夕焼け」を掛け合わせると、読んでる人に届くのではないかと思います。
まずは、
 夕焼や〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
みたいな感じで、中七下五に、実際の光景の中で印象に残るシーンやモノを描いてみるといいと思います。

夕焼や部活帰りのたこ焼き屋

これはげばが部活帰り行ってたので、勝手に作りましたが。たとえばこういう感じで、「部活」った言葉で、状況は詠み手の人物像が出てきて、最後にたこ焼き屋とモノや場所や匂いなども出てきて。いつもそこに集まってるみんなでしゃべってるのかもしれないし、今日はみんなと来ず一人で来て夕焼け見てるのかもしれないし、具体的なことを詠むと、そこに書いてないことを読んでる人が想像しちゃうのです、そうすると成功です。

このたこ焼き句はもちろん使わずに、杉本さん自身の何かを入れこんでみるといいかもしれません。
もちろん、最初にも言いましたが、今の「焼き付ける」のまま提出するのもありですよ!また俳句に興味持ったら、ここに課題関係なく訪れてくださーい!

点数: 5

「プレゼンの出来はまずまず月冴ゆる」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: プレゼンの出来はまずまず月冴ゆる

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

プレゼンお疲れさまでした。まずまずの出来でとてもよかったですね、ほっとします。
「まずまず」だったかどうかを余白にして、季語に預けたいなあというのと、月冴ゆるが「冬」の冷たい凛とした感じだったので、ビジネスとほんわかを足してもいいのかなあと思ったのが感想でした。こんなのどうですか?ビジネス街から新橋へ繰り出すのでしょうか、なおじいさんのことだし😊😊

プレゼンを終へて月夜の八重洲口

点数: 5

「母握る爆弾むすび運動会」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 母握る爆弾むすび運動会

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。競技より細部に寄っていった感じがするので、好きです。
運動会の裏では、こんなことが行われているのだなあ、朝早くから握ったのかなあ、昼は私が大きい口で頬張って、入らないーとか言って、リレーはダメだったけどほんわかする運動会なのかなあと。
そういう意味では、母握るも空白にしたくなったりはします。

爆弾のやうなおむすび運動会

でも十分母さんかな?と思いますし、いつもと違ってこの日はばあちゃんが握るので大きいのかなあ、孫好きすぎて大きいのかなあ、とか、いろいろ想像したいですしね。

あとは爆弾むすび、という言葉がわりと認知されているのならば、比喩にさらにオリジナリティを与えるのもありです。

げんこつのやうなおむすび運動会
 お母さんの人ととなりを纏っているような。
満月のやうなおむすび運動会
 季重なりの比喩。うるわしいひととき。
砲丸のやうなおむすび運動会
 冷めた重い味気ない感じ。さんざんのレースだったのか。

比喩によって、そのお母さんの人柄や、今そこにあるドラマの雰囲気まで伝えられるかもしれませんね。

点数: 5

「壁有りて超えれぬ冬の壁有りて」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 壁有りて超えれぬ冬の壁有りて

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。この壁は自分ですね!
私はイチローさんの引退会見を思い出しました。「熱中できるもの好きなものに出会えてエネルギーを注げたら壁は越えられる。
人より頑張るなんて事はとてもできないんですよね。あくまでも秤は自分の中にある。それで自分なりに、その秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていく。ということを繰り返していく。」
誰にも何の分野にも普遍のことばでした。

点数: 5

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 長蛇の列の背中温むる初日かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
お名前は変わっているかと思いますが、ねむりさん、ご無沙汰しております。ぜひ今後ともいろいろ教えていただけるとうれしいです。
御句。初日が背中を温めるという流れに少しだけ理を感じてしまったので、温いかどうかは出さぬ方向はいかがでしょうか?たとえば

初日さす長蛇の列のなかにゐる

点数: 5

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

目高散れおのれの好きないろになれ

回答数 : 8

投稿日時:

睡蓮や朝はみづより生まれ来る

回答数 : 13

投稿日時:

あゝなんてきれいな夕焼け左様なら

回答数 : 24

投稿日時:

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 35

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

暖房費想定外の引落し

作者名 04422 回答数 : 6

投稿日時:

雑音のラジオ聞きをり終戦日

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

タクシーの座席に入るや秋時雨

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ