俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削最新の投稿順の1017ページ目

梅雨の明け青天へコントレイルかな

回答者 げばげば

添削した俳句: 夏雲のあいだを抜けて蒼き空

途中で送信してしまいました。

もう一つ、青空に向けて飛行機雲、という
表現も同じ光景に少し詩情はふくらむかなと思い提案してみます。いかがでしょうか?

点数: 1

夏雲を抜けて青き空へ一機

回答者 げばげば

添削した俳句: 夏雲のあいだを抜けて蒼き空

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句拝見しました。ただごとのようにも思いますが、感動した光景を詠みたいという気持ちは大事ですよね。雨が続くからこそ青空はいいですよね。

中七のあいだ、という措辞が気になります。また夏雲を抜けたのが飛行機だというイメージが句を読んだだけではわかず提案句。いかがでしょう?

点数: 1

「立山の湧き水光る炎天下」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 立山の湧き水光る炎天下

こんにちは。

先程のコメント。いや、湧水は季語ではないよ、泉は季語だけど、という意見もがありましたので、大丈夫なのかもしれませんね。失礼しました!

点数: 0

「立山の湧き水光る炎天下」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 立山の湧き水光る炎天下

こんにちは。
はじめまして。

御句拝見しました。私も立山の雄山神社へ一昨年いきましたが、水がきれいでしたね。神より仏を感じる御山でした。

湧水、涼やかさを感じる分、季語としての季感が強く感じました。季語をひとつにして提案句。

立山の霊水光る夏日かな
立山の湧水光る午下がり

点数: 2

「夏フェスの芝生で仮眠ジャズピアノ」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 夏フェスの芝生で仮眠ジャズピアノ

こんにちは。
夏フェス、なつかしいですね。今の状況ではなかなかまた開催というのは難しいのでしょうか?

御句、助詞を変えるだけでもだいぶ変わりそうですね。
17音には少し要素が多いように思います。

夏フェスの芝生やジャズピアノの仮眠

それでも溢れてしまいました!

点数: 1

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

目高散れおのれの好きないろになれ

回答数 : 8

投稿日時:

睡蓮や朝はみづより生まれ来る

回答数 : 13

投稿日時:

あゝなんてきれいな夕焼け左様なら

回答数 : 24

投稿日時:

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 35

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

晴れ女二人がわれと青き踏む

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

部屋整理冬の月見えブレス落とす

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

酷暑日に涼やかに咲く夏水仙

作者名 秋恵 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ