俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削最新の投稿順の1282ページ目

アロハシャツ狭いベランダハワイ気分

回答者 なおじい

添削した俳句: アロハシャツ着れば涼しきベランダよ

こんにちは。
卓鐘様、いつも勉強させていただいております。

御句、これまでの卓鐘様の句風とは違う感じと思って、私も初心者なりの感想を申し上げようと思っていましたら、ご評価の欄が長文で埋まり(卓鐘様ご自身のご評価も含めて)、ちょっと出遅れました。

御句は、面白いですが、私は、「着れば涼しい」とは、アロハはTシャツとは違って風が通るからだと思いました。確かに、涼を求めて夏にベランダに出ても、ただ暑いだけ、ということはありますよね。

提案句は、今のベランダが暑いかどうかは別として、アロハを着れば涼しい気分になる、それを涼しいとは言わずに表現してみました。
よろしくお願いします。

点数: 0

秋の空二人を結ぶバルコニー

回答者 なおじい

添削した俳句: 木漏れ日に二人を結ぶバルコニー

こんにちは。
てつ様、いつも勉強させていただいております。

御句、コメントを読むまでは、避暑地の山荘で、若い二人が仲良く座っているような景を思い浮かべました。
それなら木漏れ日に、ではなく木漏れ日や、とかのほうがいいのではと思ってコメントを拝見。そしたら、なんだか江戸時代のお話が登場。面白い話です。で、この句はそれを現代に持ってきたのですか?

そうなると、この二人は別々のところにいて、お互い空を見上げている、ということになりますね?
それだと木漏れ日は似合いませんよ。視線の高さが違うと思います。ここは澄み切った高い空を表す季語を入れたいです。そこを二人とも見上げているわけです。そこで秋の季語ですが秋の空を持ってきました。夏の空でもいいですが、あまり雷や夕立は降らせたくないので…(笑)。
ご参考になれば幸甚です。

点数: 1

アスファルト匂い立つなり夕立晴れ

回答者 なおじい

添削した俳句: 懐かしき焼石香る夕立晴れ

こんにちは。
ただの様、いつも勉強させていただいております。

御句、一読では何を言い出したのかと思いました。それは、焼石がわからなかったからです。もしかして石を積んで作ったかまどでバーベキューとかやっている時に夕立ちがあり、中断して一時避難したけど、晴れたので戻ってみたらそのかまどから懐かしい匂いがした…とか?
でもそれを焼石というか?
と思いコメントを拝読しました。
なるほど、アスファルトか!それなら私も経験があります。私の場合は夕立ではなく、よく家の前に水を撒くのですが、その後でなんとも言えないいい匂いがするのです。同感。
ただ、他の方もおっしゃるように「懐かしい」と言ってしまわないほうがいいと思うのと、焼石はわかりにくいから正直にアスファルトと言ってみたらどうかというのが提案句です。

点数: 1

「泉湧くこの語今では俳句のみ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 泉湧くこの語今では俳句のみ

こんにちは。
西風子様、いつも勉強させていただいております。

御句、よくぞ言ってくださいました!私も今回のお題では苦労しました。「泉」は難しかったです。海、湖、池、沼、あるいは清水、湧き水、あるいは水たまりでさえも、これらはいくらでもイメージがわくのですが「泉、って何よ?」という感じでした。都会の中のオアシス、という意味での泉とか、「話の泉」「知恵の泉」そういうのは浮かびますが俳句季語ではない。
私は考え過ぎてあらぬ方向へ道を外してしまいました。

諸先輩のアドバイスからわかったことは、季語はいずれも意味と力を持っているのだから、それをよく理解して、尊重して大事にすること、とのことであり、それからすると、泉とは、夏の季語であり、清涼感が第一。まんまんと透明な水をたたえ、こんこんと湧き出ている。静寂。
こういったイメージを大切にしながら詠む必要がある、ということでした。
ところが私はチョロチョロした湧き水や、枯れた井戸、あるいは汚水を連想させるような句ばかりあげてしまいました。バカです。
勉強させていただいたお題でした。

点数: 2

茶髪にしはにかむ叔母や風薫

回答者 なおじい

添削した俳句: 髪染めし叔母の笑顔や風薫

こんにちは。洋子様、いつも勉強させていただいております。

御句、最初はお年を召した叔母様が白髪を染めたのかと思いました。しかしコメントや白南風様のご評価を拝読して、なるほどそうかと思いました。

そこで提案句ですが、私は一般的に「髪を染める」というとどうしても白髪染めを想起すると思うので、それでは叔母様に申し訳ないと。
いっそ茶髪にしたと言い切ってしまいました。当人「ちょっと若くし過ぎたかな?もっと抑え目のほうが…?」とか嬉しそうな様子を「はにかむ」と表現。はにかむのは若い証拠であり、叔母様のチャレンジに対する褒め言葉のつもりです!

点数: 0

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ハンディファン持たないほうの手に日傘

回答数 : 11

投稿日時:

夕焼けや何か一品買つてくか

回答数 : 29

投稿日時:

さう言へば近ごろ毛虫見なくなり

回答数 : 26

投稿日時:

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 29

投稿日時:

歳時記を一旦閉ぢて更衣

回答数 : 27

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

鷹狩や家康公も吾も駆けん

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

吊り足場がしがし揺れる花曇

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

秋雲や空のキャンバス意のままに

作者名 おかえさき 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ