俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削得点の高い順の1275ページ目

「二重虹走る指先シャッターへ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 二重虹走る指先シャッターへ

神崎貫太郎さん、こんにちは。初めまして。

御句拝読しました。二重虹とは珍しいですね。そんなもの見たら、思わず写真を撮りたくなりますね。

先に海郷さんがおっしゃっているように、「走る指先」これは違和感があります。「走るペン先」とかだと、作家とかの仕事がはかどる様子を表しますけどね。

あと、「シャッター」がどうかなぁ。お店を閉めるときにガラガラと降ろすもの、あれもシャッターですよね。
もっと普通に詠んでみてはいかがでしょうか。

・空見上げスマホ取り出す二重虹
・二重虹カメラを取りに戻りけり

これがいいとか素晴らしいとかではなく、一つの提案です。

また聞かせてください!

点数: 0

「100段をのぼった星がいま飛んだ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 100段をのぼった星がいま飛んだ

つちや海郷さん、こんにちは。
再訪です。
拙句「名月や」の問いかけへのコメント、有難うございました。丁寧な解説は大変勉強になりました。
今後ともよろしくお願いします!

点数: 0

「新涼や柿の葉無心に食むうさぎ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 新涼や柿の葉無心に食むうさぎ

やんさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。悩ましい句ですね。俳句は初心者とのことですが、ご存知のように、季語を一つ入れるのが基本になっています。

その点、御句はまず冒頭で「新涼や」と秋の季語を入れてますね。それはいいのですが、次の「柿」。これは柿だけならいわゆる果実で秋の季語です。ただ御句では「柿の葉」。これが紅葉していたりすると「柿紅葉(かきもみじ)」と言って別の秋の季語になるのですが、ただの「柿の葉」だと季語と言えるのかどうか。御句では、季語ではないスタンスですね。

さらに「うさぎ」。これは冬の季語ですが、例えば野山で見かけたりしたら間違いなく季語ですが、御句の場合はペットですからね。私レベルではどうなのか悩んでしまうのです(笑)。

とりあえず、結論は出さずに提案句だけ置かせていただきます。

・新涼や柿の葉を食む家兎

「無心に」食べているかどうかわからないのでそれは外させていただいたのと、動物は漢字で書くこと、あと、野山で見かけたのではなくペットという意味で家兎(いえうさぎ)としました。

他の方々のご意見も参考になさってください。

点数: 0

「湿田に足跡残る猪二匹」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 湿田に足跡残る猪二匹

金太郎さん、こんにちは。お久しぶりです。
御句拝読しました。湿田で地域がイメージされ、それに似合った措辞が続くいい句ですね。
足跡を見て、素人にはわからなくても、ある程度の年季の入った方には、「こりゃ二匹だ」とわかるのでしょうね。もしかしたら、親子とか夫婦とかもわかるかも(笑)?

「足跡」とくれば「残る」は重複表現というのはすでに出ていますね。

・湿田に猪の足跡二匹分

ちなみに原句のままの「二匹」か「二頭」かで迷いました。人間より小さい動物は「匹」、大きい動物は「頭」で数えるとのこと、猪は微妙なので原句の通りとしました。

点数: 0

「鳳仙花歩道に赤チョークのバツ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 鳳仙花歩道に赤チョークのバツ

イサクさん、こんにちは。
再訪です。
拙句「名月や」にコメントおよびご提案句有難うございました。
「や」の使い方はよくわかりました。
中七下五の理屈っぽさ、言われてみて気がつきました。確かに自分が発見したみたいで偉そうです。
私はすぐに自分の感情を入れ込んで詠むので、この辺は気をつけます。
有難うございました。

点数: 0

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

梅雨空の明けたら明けたで懐かしき

回答数 : 12

投稿日時:

ハンディファン持たないほうの手に日傘

回答数 : 17

投稿日時:

夕焼けや何か一品買つてくか

回答数 : 30

投稿日時:

さう言へば近ごろ毛虫見なくなり

回答数 : 26

投稿日時:

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 29

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

何時までも秘むる埋火忘るまじ

作者名 東次郎 回答数 : 2

投稿日時:

藤波や栄華の名残り鳳凰堂

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ