俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削得点の高い順の1223ページ目

「体重計数字の二度見秋立ちぬ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 体重計数字の二度見秋立ちぬ

しお胡椒さん、こんにちは。
御句拝読しました。そのお気持ちわかりますよ。私などは、二度見どころか、一度見たら目が釘付け。何かの間違いだろうと。中年太りならぬ、永久冬眠に備えて(笑)の食いだめのごとくですよ。

さて御句、体重計がいきなり出てきてしまうと、「あ、何か、太ったとかの話かな?」と、いわゆるネタバレしてしまいます。
ここはまず厳かに(?)、「秋立ちぬ」と入ってみてはいかがですか?

・秋立ちぬちら見二度見の体重計

点数: 0

「西瓜食む種より別けの舌忙し」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 西瓜食む種より別けの舌忙し

駒川義輝たさん、こんにちは。
まず、余計なお世話かもしれませんが、お名前の後の「た」は間違いではないですね?あえて、ですね?

御句拝読しました。私も西瓜はまずがぶりと、そして舌で種をより分けますよ。同じです。

御句、中七以下がちょっと混雑しているような。特に「より別け」の「より」が、「AよりB」の「より」に見えてしまうことが難点です。
より分けるという言葉自体はおかしくないのですが、誤読を回避するために、別の言葉にしてみました。

・西瓜食ぶ種探る舌せわしなく
・西瓜食ぶ舌せわしなく種よけて

点数: 0

「浴室の虫の音母の三回忌」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 浴室の虫の音母の三回忌

柴崎恵子さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。これは文句なくいい句ですねー。
私の母はもうすぐ亡くなって4年になりますが、秋の虫の声が嫌いでした。あの声を聞くと「嫌だねー」と、いつも言っていました。

このままいただきますが、さらに良くするのならば、イサクさんの「へ」はその通りです。ただそれでは悔しいので(笑)、私の提案句を置かせていただきます。

・しまい湯へ虫の音母の三回忌

点数: 0

「手花火の精進落としや星月夜」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 手花火の精進落としや星月夜

寒月さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。まず、手花火と星月夜の季重なりですね。それはご自身でも認識なさっておられるようで、いまさら申し上げるまでもないと思いますが、俳句季語は一つとされています。
よく、「あえての季重なり」とかおっしゃる方もいるようですが、できれば避けたほうがいいようです。

御句は、どちらか一つの季語を取り上げてもうまくまとめられそうな気がします。

私は手花火で提案させていただきます。なぜなら、たった今、食事を済ませ、近所の子供たちと手花火の会を終えたところだからです。

・手花火へ精進落とし終えた子ら
・手花火で締める精進落としかな

点数: 0

「秋雲や書き込み多いあの聖書」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 秋雲や書き込み多いあの聖書

友也さん、こんにちは。
御句拝読しました。
はっきり申し上げて、「あの」がよろしくないですね。
友也さんはこの「あの」にどのようなお気持ちを込められているのでしょうか?
読む限り、「どこかにある」「誰かの」という、要するに「自分と関係ない、よそにある」という第三者的な意味に取れます。
これは友也さんの意味したいところではないと思います。
私のだ!と言いましょうよ。

・秋雲や書き込み多きわが聖書

友也さんは国際的ですから、もしかしたら英語の聖書かもしれない。

・秋雲や書き込み多きマイ聖書

とにかく、これは他の人のものではなくて、私が熱心に勉強した証ですと伝えたいです。

点数: 0

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

梅雨空の明けたら明けたで懐かしき

回答数 : 25

投稿日時:

ハンディファン持たないほうの手に日傘

回答数 : 17

投稿日時:

夕焼けや何か一品買つてくか

回答数 : 30

投稿日時:

さう言へば近ごろ毛虫見なくなり

回答数 : 26

投稿日時:

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 29

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ランタナの花色変える立秋や

作者名 岸本義仁 回答数 : 3

投稿日時:

霧雨に青々し木々甘露かな

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

あんちゃんの逝っちゃった日や鳳仙花

作者名 めでかや 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ