俳句添削道場(投句と批評)

喜子さんの添削投稿の古い順の3ページ目

「詠むことは生きてゐること春の宵」の批評

回答者 喜子

添削した俳句: 詠むことは生きてゐること春の宵

東御苑に批評ありがとうございました。

私も、まさにこの句の毎日です。
俳句があってよかったと思う日々です。

点数: 1

鬼は外窓を開けても聞こえこぬ

回答者 喜子

添削した俳句: 窓開けて耳を澄ませり鬼は外

よし造さん、私の句に、添削ありがとうございます。
節分の時、調べましたら、両方とも季語でした、鬼やらいは子季語なのですよね!
季語は理解できないのが季語だったりしますね!(*^-^*)
季重なりでも、テレビ(夏井先生)は、弱い方は気にしなくていいというのを聞きました。

点数: 0

「あのなりで鷹も案外群れで居る」の批評

回答者 喜子

添削した俳句: あのなりで鷹も案外群れで居る

私の句の東御苑の句のお礼に伺ったのが入っていませんでした。
今日は、福の神の句のお礼です。

ご指摘ありがとうございます。
説明の句だと言う事ですが、福の神を取り込むための
声のつもりでした。ふつうは大声では言いませんし・・・
俳句の種探しはするのですが、表現が未熟です。
勉強します。ありがとうございました。

点数: 0

堤行く地虫まだ出ぬ春の空

回答者 喜子

添削した俳句: 堤行かば地虫出で来よ空青し

添削の勉強させていただきます。
最近では、啓蟄前の暖かさで、この句がぴったりですね!
気持ちの良い散歩が浮かびます。
「出で来よ」は、俳句の流れを中断しそうだったので、
自分なりの添削ですが、詠んでみました。

点数: 1

息白し星屑光る坂の道

回答者 喜子

添削した俳句: 息白しスターダスト照らす道

大野佐和子さん、初めまして、2月から参加させていただいています。

私の句では、カタカナのスターダストではなくなりますが・・・
小さな星は照らさないので光るにして、始めは夜の道だったのですが、
星が出ているので夜だし…
坂を持ってきましたが、どうでしょうか?
「息白し星の瞬く坂の道」こちらのほうがいいかしら?

点数: 0

喜子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

濃紫はじめ黄緑七変化

回答数 : 3

投稿日時:

久々に宇宙の空の梅雨の晴

回答数 : 2

投稿日時:

この家にながく住まいし夏座敷

回答数 : 1

投稿日時:

衣更へ痩せてまた着る古き服

回答数 : 4

投稿日時:

五月晴れ風のそよぎもミントの香

回答数 : 3

投稿日時:

喜子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

なにゆゑに娘無口や春の雷

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

夏草にいまは隠れて石仏

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

絵画教室梨のつぶつぶと闘う

作者名 かこ 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ