俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の低い順の1367ページ目

初秋やジグソー1ピースの未完

回答者 イサク

添削した俳句: 初秋やジグソー未完のワンピース

こんばんは。

ワンピースの誤読回避は「1ピース」に賛成します。私も漫画が頭から離れません。ぜひ完結まで連載してほしいものです。

あとは、この句で重要なのは「ジグソーパズルのピースひとつ」ではなくて、それによる「未完」では・・・と思っての句を置いていきます。

点数: 5

「枝豆を歩かせてをり空返事」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 枝豆を歩かせてをり空返事

こんばんは。

御句、コメントにはこどもの仕草と書いていますが、御自身の心情を写した句に見えますね。
例えば、夫や妻の質問や何かに、いますぐに応えずになんとなく空返事してみようか、ついしてしまった。理由は大したことないけれどその気分は枝豆だけが知っている、という感じです。

こういう妄想を受け止められる、良句であるように思いました。
俳句は説明でなく描写が大事とはこういうことです、というお手本みたいですね。ありがとうございます。

点数: 5

「逆上がり炎天へ飛び込むやうに」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 逆上がり炎天へ飛び込むやうに

こんにちは。

この句、すごく良い内容だと思います!
題材としては文句のつけどころがないです。
その分、素直な語順で下五「逆上がり」の方が、「逆上がり」を生かせる気がします。

・炎天へ飛び込むやうに逆上がり
・炎天を蹴とばすように逆上がり

点数: 5

「教科書を枕代わりに夜学生」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 教科書を枕代わりに夜学生

こんばんは。

なおじい様から先に出ていますが「勉強していない夜学生」しか描写できていないので、「勉強していない夜学生」の句になってしまって・・・

「教科書を枕に」を諦めた方がよさそうな気がします。

上五中七が「学生」の描写なのに季語が「夜学生」であるので、一人の学生しか見えず、学校や教室や他の生徒が見えずに風景が狭くなっている点も、もったいない気がします。

・教科書を開いて眠る夜学の灯

点数: 5

「この山に私一人のやうな霧」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: この山に私一人のやうな霧

こんばんは。

山歩きの経験・句材はなおじい様の武器ですね。
光景は見えています。

一文字だけ変えてみたくなりました。

・この山に私一人のやうに霧

点数: 5

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

実朝忌海より続く八幡宮

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

山椿落花の先の闇深し

作者名 森田 広務 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

土用凪もそもそ肉無しのカレー

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ