俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1365ページ目

「空色のネモフィラ畑や花曇」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 空色のネモフィラ畑や花曇

再訪です。
感じ様の打ち間違いの件だったのですかね?
私も感じ様のコメントを「花曇」と見間違えていたので、全く気づきませんでした。
解決かな?

点数: 0

「鬼太鼓や荒海に舞う狂う鬼」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 鬼太鼓や荒海に舞う狂う鬼

おはようございます。以前もコメントしたイサクです。
前の句から、下五だけを変えた形ですね。

「荒海に舞う」という比喩にこだわりがあるのでしょうか?
私は前の句のコメントも覚えているのでわかりますが、やはり比喩の「荒海に舞う」が比喩に見えにくく、生きていないように思います。
おかえ様のコメントとも近いですが、荒海は風景として生かした方がよいと思います。

もう少し言えば、「鬼太鼓」と「狂う鬼」が近くなければ意味が通じにくいのですが、間に「荒海」が入ってしまって意味がわかりにくくなっているのも、原因かと思います。
さらにもう少し言えば「鬼太鼓」「荒海」「狂う鬼」を全部入れるのは少し詰め込み過ぎ・説明しすぎの感じもあります。

言いたいことを詰め込んで全部説明してしまうより、省略すべきを省略して受け手の想像に任せる、というのが俳句の持ち味のひとつでもあるので、少し整理してみることをお勧めします。

・鬼太鼓や鬼は荒海より跳ぬる

点数: 0

「飛花落花筵二枚で友を待つ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 飛花落花筵二枚で友を待つ

こんばんは。

ちょっとごちゃついているように見えます。
この「筵」は敷物のことでいいですか?寒いから体に巻き付けたりとかしてるわけではないですよね?

花見に使う敷物のことを表す「花筵」(はなむしろ)という季語があるので、そちらを使うのをお勧めします。

・花筵二枚で友を待ちにけり

点数: 0

「春の風つられて泳ぐチビの鯉」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 春の風つられて泳ぐチビの鯉

はじめまして。よろしくお願いします。

池の鯉が春風につられて泳ぎだした、という詩的な句だと思っていたのですが・・
コメントを読んだらまさか「鯉のぼり」のこととは・・・
おそらく、御句の「鯉」を「鯉のぼり」と思う人はほとんどいないと思います。鯉のぼりは旧暦の端午の節句のものですので、夏の季語ですし・・

どうしても「春の風」といっしょに使いたければ、せめて「鯉のぼり」だとわからせる工夫は要ると思います。

・春風にふかれて泳ぐ鯉のぼり

とはいえ季重なりですので、季語「鯉のぼり」で詠むことをお勧めしますが・・

・鯉のぼり稚鯉は風に泳ぎをり

点数: 0

「威嚇され見上げる先に烏の巣」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 威嚇され見上げる先に烏の巣

おはようございます。

この句の流れですと、「威嚇され」たのも「見上げる」のも自分。
句で詠みたいのは「烏」あるいは「烏の巣」ですよね?
詠みたい内容と、自己主張のバランスがよくない気がします。

もう少し句の中から自分を減らして、整えてみましょうか・・
コメントから言葉をお借りします。

・叫びたる親烏をり烏の巣
・遊歩道の巣に親烏ゐたりけり

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

春昼や薄日差し込む病室へ

作者名 ふり 回答数 : 3

投稿日時:

幕下の着丈短かき浴衣かな

作者名 しらさぎ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ステッキ振る桜落葉の運動場

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ