俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1354ページ目

「人間万事塞翁が馬螽斯」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 人間万事塞翁が馬螽斯

こんばんは。

ちょうど最近、やはりことわざと季語を組み合わせた句に対して、N先生が某所で言ってました。「ほとんど借り物の言葉かい!」と。
他の先生はわかりませんが、N先生はオリジナリティや「自分の言葉」というのをかなり評価するので、どこかから借りてきた言葉はどうしても高評価にはならないようです。

その中で佳作に入っているので、まあまあうまく季語をとりあわせられている方なのだとは思います。

点数: 0

「校庭も彩りすなり体育祭」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 校庭も彩りすなり体育祭

こんばんは。

◆「彩りす」(いろどり-す)という複合動詞をこの形で使うのは、ちょっと違和感がありました。
◆「も」は匂わせの「も」ですね。できれば避けた方が・・・

・校庭を彩りてをり体育祭

点数: 0

「竹落ち葉たばこのうまき川べりに」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 竹落ち葉たばこのうまき川べりに

こんばんは。はじめまして。

こちら「二郎」様、もうひとり「四郎」様からも同じ句の投句があったようですが、どちらが本物扱いですか?

点数: 0

「鼻筋の通った赤子きりぎりす」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 鼻筋の通った赤子きりぎりす

こんばんは。
生活人選おめでとうございます。

こちらの句、コメントにある「井戸端会議」の風景は見えませんね・・・「鼻筋のとおった赤ちゃん」をどこかで(屋内で)目の前に見ていて、外から螽斯の声が聞こえてくるような風景に受け取りました。姉の子を見に来た妹、という感じです。
取り合わせそのものも、それ以上の風景が出てこず。
井戸端会議っぽくするなら、たとえばコメントから言葉をかりて
「男前に育ちそうやねきりぎりす」
とかセリフ・会話っぽくするとなんとかなるかもしれませんが、どっちにしろ説明が要りそうな・・・

対して生活人選の句は、
◆「夕餉の支度」の七音で人間(主婦や母親)と時間(夕方)と場所(台所)の映像が一気に出てきます。
◆急かしているのは旦那?こども?義母?それともきりぎりすの声?という想像の幅があって、どれを選んでも大丈夫ですし、季語も生きています。
ということで、かなり良い句だと思いました。

そしてコメントありがとうございます。
基本的にはいっぱい作っていっぱい捨てながら、磨けばよくなりそうなのを自選で残せるかどうか、ということをずっと繰り返しております。
句帳替わりのスマホには苦笑いしかできないようなダメ句がいっぱいありますよ。そんなもんです。

点数: 0

「秋雨や濡れ傘群れるコンビニ前」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 秋雨や濡れ傘群れるコンビニ前

おはようございます。

雨の日のコンビニ前に若者の集団がいる、という句だと思いました。
傘立ての風景でしたか。

コメントに「こんなのが俳句になるか」とありますが、だいたいのことは(説明しすぎなければ)俳句になると思います。
傘立てに注目するのは悪くないと思いました。

◆「群れる」の擬人法があまりよくないと思いました。
◆雨の日に「濡れ傘」で説明しすぎている気がするので、「濡れ」を省略した方が良いと思います。
 説明しすぎを避けるために季語を「雨」に関連しないものに変えると、雨上がりの風景になってしまいそうですものね。
◆コメントからは「傘」より「傘立て」に注目かなあ・・・
 「コンビニ前」という言い方が傘立てに結び付きにくいのは私だけかな?
 個人的な感覚かもしれませんが、「コンビニの入り口横」を「コンビニ前」と言わないので。

・コンビニの傘立て溢れ秋の雨

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

逆上り出来ぬ児童へ桜散る

作者名 洋子 回答数 : 2

投稿日時:

玉入れの籠こそよけれ運動会

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

陶匠の眉のきりりと秋の雷

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ