俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削投稿の古い順の1354ページ目

「深き春誓いし声に時を超え」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 深き春誓いし声に時を超え

こんばんは。はじめまして。

俳句を送られるとのこと。かっこいいですね!

おっしゃるとおり私も下五が気になります。「時を超え」ではまるでタイムスリップのようですね。

「こえ」で韻を踏もうとしているのだと思います。
「越え」で表したいのは過去なのか、未来なのか。44歳マンさんのコメントでは「乗り越えてきた強さ」とありますので過去を越えているということでしょうか。
古い友人ということですし、過去の苦難を越え、という意味にしたい気持ちはよくわかります。
そうするとたとえば

・様々を越えて誓いの声や春

ぐらいの方がよいでしょうか?
晩婚の象徴という「深き」がなくなってしまいましたが・・・

私がもし結婚式で句を出すならば、越えて欲しいのは「これからの未来」です。
二人でいろいろを共に乗り越えてほしいので。

・深春や誓いの声に越える未来

「深き」戻ってきましたが下五が字余りになりました。

ご参考まで。

点数: 1

「其々に進みゆくなり石鹸玉」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 其々に進みゆくなり石鹸玉

こんにちは。

理屈のない観察と客観性。一物仕立ての原句が十分に良い句だと思います。
そのままいただきます。

点数: 1

「増す陽気おむつ卒業パンツの夜」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 増す陽気おむつ卒業パンツの夜

こんばんは。はじめまして。

網羅できていませんが、だいたい俳句のセオリー的な意見は既出、議論は不要のようですね。
とすると、いろいろとらわれる必要もなさそうです。

・おむつ卒業 パンツの春夜かな

点数: 3

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 手の甲に手の甲と書く春夜かな

おっそういえばここにも春夜があった😎

ほぼあと出しじゃんけんですし、王道はげば様の方が得意ですから
(私も自称有季定型・・ごにょごにょ)
俳句に正解なし。いずれ、げば様の答え合わせを聞いてみたいものです。場はここでなくても、ね。

点数: 1

「春寒やまつり開くも花一輪」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 春寒やまつり開くも花一輪

こんばんは。

御句、事実を書いているのは好感が持てます。

ただ、
「春が寒くて、まつりを開くも花が一輪だけでしたよ」
という俳句の形をした報告になってしまっておりまして、
見た方も「そうですか。わかりました」としか言いようがない、という句です。

報告文になってしまって、俳句の詩になりにくい、という理由はいくつかありまして、

季語を「理由」として使っている
 これをすると、俳句が報告・説明になりがちです。
 (この形を、俳句ではよく「因果がある」と言います)
 御句では「春寒や」⇒「春なのに【寒いから】花が一輪しか咲いていない」と、季語が理由づけになってしまっています。
 原因と結果が丁寧に書いてあるので報告の文書としては良いのですが、俳句としては「で?」となりがちです。

◆「~~するも」と、説明しようとしている
 御句では「まつり開くも」としていますね。ここに「説明しよう」という作為が明確に入ってしまっているので、説明・報告に見えてしまいがちです。

◆「花一輪」とは何の花?
 冒頭に「春寒や」という季語で始まっているため、この下五の「花」は桜とは受け取りにくい形です。「花」=「桜」として使っているならば季重なりですから。
 とすると、この「花」はなんだろう?となってしまい、花の種類がわからないので映像がぼやけてしまいます

ちなみに、俳句のテクニックとして、上記の逆をすれば報告文っぽさを回避した俳句にできる、というのが存在します
すなわち
◆季語を理由として使わない
◆報告・説明の文章を避ける
◆映像が思い浮かぶように、ことばを工夫する
今回はこのぐらいでしょうか。他にもテクニックは多数あります。

今回の句では「桜」を季語にした方がいいと思います。「春寒」はどのように使っても、その説明になりますので。

・桜まだ一輪のみの祭かな

これでも少し説明臭いですけれども。

あるいは、どうしても季語「春寒」を使うならば、季語「春寒」をきちんと立てた方がいいと思いますので「桜が一輪しか咲いていない」という説明はせずに、句の受け手に委ねた方がよいと思います。
「さくらまつり」という単語を季語ではないとして使わせていただくとして

・春寒のさくらまつりの寂しさよ

こんな感じでしょうか。
重ねて言いますが、一句の中で「春寒」「桜が一輪しか咲いていない」を両方入れるのは、報告にせずに俳句にするのはかなり難しいと思います。

点数: 1

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

父の日に父と呼ばれることもなき

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 8

投稿日時:

カーテンを開けて三つのチユーリツプ

作者名 ふり 回答数 : 4

投稿日時:

運動会空に口開け夏時雨

作者名 まこ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ