俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削最新の投稿順の1352ページ目

冬田打つ土塊に鈍き音残し

回答者 イサク

添削した俳句: 土塊に鈍きをと入れ冬田打つ

こんばんは。

田打ちそのものは春の季語で、実際に田起こしは春の作業と小学校で習った気がしますが、冬田打ちは何がちがうんでしょう?おそらく雪国では冬にはやらない作業なのでしょうけれど。
上の句は「どかい」と読んで中七音です。

点数: 0

三連の黒い流星ジェット気流

回答者 イサク

添削した俳句: 六連の青き真珠の寒昴

三連の黒い流星ジェット気流

点数: 1

「焼き芋をわざと下手くそはんぶんこ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 焼き芋をわざと下手くそはんぶんこ

おはようございます。

おそらくこちらが豆柴様の持ち味が出ている句なのですね。
(遅ればせながら「イースト」「王蟲」の句を拝見しました)
このままで良い句なのだと思います。
いろいろ考えて見たのですが説明臭くなるばかりで、この句の良さが元句以上には引き出せませんでした。

点数: 1

ビラ配り街路の寂し寒昴

回答者 イサク

添削した俳句: 落とす葉の尽きて街路を寒昴

おはようございます。

御句拝読しました。
上五中七をほとんど使って「落とす葉の尽きて」ときて「街路」ときたので街路樹のことですよね?銀杏かな?花水木かな?と思いきや夜の星空へ飛んで行ってしまうという句になってしまっています。
この句では街路樹が主題でないと思いますので、季語「寒昴」に寄せた方がいいと思います。
コロナ下ということで「寂し」としましたが、にぎわっていたのでしたら、
・ビラ配り街さわがしや寒昴
でも可です。

点数: 1

木造の校舎もなくて山眠る

回答者 イサク

添削した俳句: 木造の校舎の跡や山眠る

かぬまっこ様
解説ありがとうございます。
とすると、私の個人的な想像力かもですが、校舎の「跡」というものに映像が引っ張られておりました。この「跡」が具体性なく漠然としておりますので、違和感を除くとしたらここに手を付けるのかな・・・と。
「木造の」がやや説明っぽい気がしますが、こちらは一旦キープするとします。
いかがでしょうか。

点数: 1

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

一夜だけテーブル飾るサボテンの花

作者名 桜子 回答数 : 4

投稿日時:

暗雲に目に入る枯れ木冬芽かな

作者名 そうり 回答数 : 1

投稿日時:

打ち上げや物憂げな部長のお会計

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ