俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の低い順の1350ページ目

「孫たちの未来への扉開く門」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 孫たちの未来への扉開く門

こんばんは。

説明したい気持ちはわかりました。
これは「詩」ではあるかもしれませんが「俳句」とは言えないかもしれません。
「扉」と「門」のかぶりもありますし、ちょっと失敗したポップスの歌詞のようですね。

情報をいろいろと整理して、俳句として【季語】を入れたいです。

・孫二人未来の門を入学す (季語:入学)

これでもまだかなりカッコつけのポップスっぽいです。

作者が言いたいことを伝えるだけならば、俳句よりも「随筆」「報告書」などの方が向いています。
俳句は季語を中心とした【詩】です。俳句を選ぶのであれば、俳句の魅力を出したいものです。

点数: 3

「母の忌の山のお墓のさくらかな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 母の忌の山のお墓のさくらかな

こんばんは。

「母の忌が桜の時期であるよ」と文字にしたいお気持ちはわかります。この句はこの句でお残しください。
以下、俳句を俳句として高めていくために、という意味でコメントします。

◆「母の忌」と季語「さくら」のどちらにも日付・時期の情報があるので、上記の「母の忌は桜の時期であるよ」という説明が強く残っているように思います。
 俳句としての純度を高めるために「忌」を省略する方法はあると、私も思います。特に御句で使っている言葉の中では「忌」という単語には映像がなく、他の単語「山」「墓」「さくら」は映像のある言葉ですので。

季語と句の受け手の想像力を信じて、どこまで説明を省略できるか?

・さくらさくら山に詣でる母の墓

これで「桜の咲く時期の母の墓参り」という風景は出ると思います。
この句で「お母さまの忌日は桜の時期かもしれない」と受け手には思わせられると思います。
イサク的には「詣でる」に僅かに説明感を感じるので、さらにもう一手。

・さくらさくら山にしづかな母の墓

ここまでやれば、説明よりも映像・描写にはなったと思います。
桜咲く時期に、母の墓の前にいる、という風景も想像できると思います。

ただ、俳句は作者のものですので、ここまで削ぎ落した句を竜子様がよしとするかどうかはわかりません。あくまでご参考まで。

点数: 3

「来世でまたね母逝きて桜さく」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 来世でまたね母逝きて桜さく

なんかとんでもない誤解がありましたので

歳時記を信じるなと発言したことはありません

ネットの誰が書いたかわからないような記述は、きちんと調べてからにした方がいいですよ。とは言いましたね。ネット歳時記や個人ブログには、怪しいものが多すぎるように思います。

本の歳時記で、著者や編者がしっかり記載されているものには、信頼できるものが多いと思います(これは付け足し)

私もまだ勉強中なので、間違ったことを言うかもしれないという意味で「イサクを信じるな。きちんと裏をとってください」は発言しました。その受け取り方はお任せします

点数: 3

「まるちゃんも声変わりだね花筏」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: まるちゃんも声変わりだね花筏

こんばんは。

フォローありがとうございました
まさしく私の立ち位置を言語化していただきました

さて御句
◆「声が(声優が)変わる」のではなく【声変わり】と言いたいのだととらえました
◆事実を話し言葉として置くかたち。とはいえ、やや説明感は残っていると感じます
季語「花筏」は池や川の映像を伴うのですが、さてこの句にベターか?と言われると悩むところ。句全体の映像がなかなか立ち上がってこず、とってつけた季語という感じが残りました

とはいえ作者の言いたいことを変えてもなあ・・というところ
こんな季語を取り合わせるのはいかがでしょう?

・まるちゃんも声変わりせり花は葉に

ちょっと近いかな?

点数: 3

「始業ベル走る校庭桜しべ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 始業ベル走る校庭桜しべ

あーやっぱり出ますね「桜蕊降る」問題

一部の歳時記で「桜蕊」を季語として掲載しているものがあります
「桜蕊降る」しか掲載のない歳時記もあります

実際に「桜蕊」は「桜蕊降る」のと同じ季節にしか存在せず、桜の終わりの季節感を持っていますので、私は他人が使う分にはあまり気にしないようにしています

「桜蕊降る」の形しか認めない先生もいらっしゃるようなので、私は外に出す句としては使いませんし、「桜蕊」問題を論争する気もありません

点数: 3

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

恋しきはイチゴジャムパン感じとなる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

O君の既読マークや秋の虹

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

処暑や鶏の集まる太鼓の音

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ