俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削最新の投稿順の1350ページ目

膝掛しショパンのワルツ五回弾く

回答者 イサク

添削した俳句: 膝掛をして弾くショパンのワルツかな

こんばんは。

「膝掛」「ショパンのワルツ」で計11音、さらに「(自分が)演奏する」という意味を持たせるため、全部を入れて字余りにせずに作句するのは大変そうです。
練習しているという風景で回数を入れています。いかがでしょうか。

点数: 0

凍て蝿よ私が育てたルッコラだ

回答者 イサク

添削した俳句: 凍て蝿よそれはルッコラただの草

こんばんは。

スプラウトだったら栽培は簡単です。

点数: 0

落葉きて観音堂土塀傾ぐ

回答者 イサク

添削した俳句: 落葉舞ふ土塀傾ぎし観音堂

こんばんは。
破調ですがいかがでしょう。

点数: 0

「ギャラリーへ誘ふ落葉のアプローチ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: ギャラリーへ誘ふ落葉のアプローチ

こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。勉強になります。
御句、「落葉のアプローチ」がいいですね。石畳の通路が落葉で彩られている気配がします。

点数: 1

水鳥や重油の海世渡らなむ

回答者 イサク

添削した俳句: 水鳥と重油の馨る世を漸む

こんばんは。

シンプルに・・・
・水鳥と重油の世をば渡らなむ

点数: 1

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

括られていづれも傾ぐ冬の菊

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

命いっぱい咲いて綿帽子空翔ける

作者名 山口 アキ 回答数 : 1

投稿日時:

十五回サヨナラボーク雲の峰

作者名 南風の記憶 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ