俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1348ページ目

「華やかさ北に忘れた京女鴫」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 華やかさ北に忘れた京女鴫

こんばんは。どうもです。
鳥と犬の写真を楽しんでいます。

御句、説明的ではありますが、くりもな様よりいい言葉がなかなか思いつかないのですよね・・・

・振袖を脱ぎて来たるや京女鴫

うーん、くりもな様の句の方が素直だな・・・またお願いします。

点数: 0

「手花火の精進落としや星月夜」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 手花火の精進落としや星月夜

おはようございます。はじめましてですよね?
腹胃様(大江様)、唯我様(いなだはまち様)などとご一緒されていた大先輩のようですね。よろしくお願いします。
意見は忌憚なく言いますので、ご容赦ください。

御句、季重なりであることを置いておいても、

「手花火」地面向きの目線、夜
「精進落とし」屋内の食事の風景、夜には行わないことが多い
「星月夜」夜空の風景

と映像がみっつ。語順の問題もあり、視点が定まりませんでした。
全て詰め込むとどうしても説明くさくなります。
俳句とはもっとシンプルでよいのではないでしょうか。

季語「星月夜」を信じて、合わせるのは「手花火」か「精進落とし」どちらかだけにした方が・・・「手花火」は季語で映像の力のある言葉ですので、季重なりはあまりお勧めしませんが・・・
あるいは「手花火」は初秋の夜の映像季語にもなります。季語「手花火」を信じて「星月夜」をあきらめるか・・・

例えば、の提案句を置いておきます。

・手花火の子にそそぎゆく星月夜
・星月夜精進落としの家を出て
・手花火や精進落とし終えた日の

点数: 0

「天の川宇宙の2文字が果てしなく」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 天の川宇宙の2文字が果てしなく

こんばんは。

「宇宙の二文字が果てしなく」この部分が作者の感想で、文体も散文ですので、「そうですか」としか反応しづらい、という文章です。
この内容でしたら、映像をわざわざ「文字」にする必要もないかと・・・

・宇宙とは果てしなきもの天の川

点数: 0

「盆東風や藪のトレイに猫の餌」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 盆東風や藪のトレイに猫の餌

こんばんは。はじめまして。よろしくおねがいします。

取り合わせとして、できている句だと思います。
一点、説明的に感じる『に』を変えてもよいかと思いました。
この並びなら「の」でつないでも誤読がないですね。

・盆東風や藪のトレイの猫の餌

点数: 0

「人生の始まりを告げる夏の蝉」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 人生の始まりを告げる夏の蝉

こんにちは。初めまして。よろしくお願いします。

意思表示の句、というわけですね。
この句はこの句でお残しになってよいかと思います。

一点、中八の字余りのリズムが気になりますね。
中七の字余りは上五、下五と比べてリズム感が乱れやすいです。

簡単に音数を手直しするならば助詞の省略という手があります。

・人生の始まり告げる夏の蝉

ですが、この「始まりを告げる」というのが、作者がこう思ったよ、と説明しようとしている言葉です。
ここをどうにかして、「詩」の言葉にしたい、というのがあります。

あと「蝉」だけで夏の季語になりますので、「夏の蝉」とはほとんど使いません。
「夏の」は別の言葉に言い換えた方がいいですね。
今回はよく使われる「蝉時雨」を使ってみます。

ここから、テクニック論ではいろいろできるのですが、
まずはコメントの言葉をお借りして、気持ちに正直に書いてみます。

・人生はこれからなるぞ蝉時雨

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ラジオから雨の予報やさんま焼く

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

夏祭り踵が踊る水しぶき

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

花開き思い出胸にモンシロチョウ

作者名 メリさんのひつじ 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ