俳句添削道場(投句と批評)

負乗さんの添削最新の投稿順の410ページ目

少年の固唾春夜の乳房かな

回答者 負乗

添削した俳句: 少年の固唾水鳥まぐわいす

拙句お褒めいただきありがとうございました。
水鳥まぐわいす、って、何ですか?
私は、古きよき日活ロマンにしかお世話になっていないので…
手直し句は気にしないできださい。

点数: 0

ライラックの護る煉瓦の造船所

回答者 負乗

添削した俳句: リラは護る煉瓦造りの造船所

拙句への添削ありがとうございました。
リラというのはライラックのことですよね。リラの花と煉瓦の取り合わせは美しいと思います。ぼくは暖国なのでそういう風景は直に見たことはありませんが、季語は春ですね。
「煉瓦造り」の「造り」は余分だと思い、語呂合わせのため、ライラックにしました。うむ、リラのほうがかっこいいですかね🙄

点数: 0

小座敷の屏風の川や春を待つ

回答者 負乗

添削した俳句: 屏風には春の流れの描かれて

面白みはまったくありませんが、変えてみました。
用言止めが、私は嫌いなのでこうしました。
提案句です。

点数: 0

けものらも抱き合ふらしき雪の中

回答者 負乗

添削した俳句: 恋獣雪の中でも抱き狂う

こんにちは😄
「恋獣」「抱き狂う」…ちょっと凄まじすぎやしませんか…😅
いま少し穏便にいきましょう。

けものらも抱き合ふと言ふ雪の中

このぐらいにしておいてくださいな😊

点数: 1

小瓶踊る如く茶色の冬すずめ

回答者 負乗

添削した俳句: 冬すずめ茶色の小瓶踊るよに

こんにちは。
私のまさに拙句、への批評ありがとうございました。
推敲をかさねたような、'真面目な'句ではありませんでした。
スルーされるだろうな、と思っていたのですが。
さて、御句ですが、可愛さの出ている句だと思いました。
私なりの言葉感覚で、変えてみました。
字余りですが、最初に「小瓶踊る」と来たほうが印象が強いのではないかと…

点数: 0

負乗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏休みの課題つくつくぼうしかな

回答数 : 4

投稿日時:

民族の脱出のごと富士登山

回答数 : 7

投稿日時:

去年日傘しばらく雨に濡らしけり

回答数 : 7

投稿日時:

いきなりに浄蓮の滝轟けり

回答数 : 5

投稿日時:

若竹の美味しさうなるしなりやう

回答数 : 12

投稿日時:

負乗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ふつかつのじゆもんにちよつとたりない蚊

作者名 長谷機械児 回答数 : 7

投稿日時:

我が子死に真っ暗森の歌歌い

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

だんすとぅーざびーととぅーざ大西瓜

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ