俳句添削道場(投句と批評)

鬼胡桃さんの添削投稿の古い順の62ページ目

「星流れ天津国着くドリフターズ」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 星流れ天津国着くドリフターズ

こんばんは。あと、はじめまして。
オニヤンマの句跨り句の添削ありがとうございます。
句に関しましては、マサトさんと被りますが、自分も日本神話はいくらか知ってますが、神話を知らない人には難しいと思います。
あと、亡くなったら天国に着くのは予想がつくと思いますから、中七の[着く]は不要かなと感じました。
それから、私なら季語とは別に、仲本さんを見立てた新季語候補の言葉を使うかなと考えました。例えば下五を[工事の忌]みたいに。
あと、句跨り句の前に星月夜と望月の句を投句してましたので、こちらに関してのコメントもよろしくお願いいたします。

点数: 1

「秋時雨アンダルシアに憧れる」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 秋時雨アンダルシアに憧れる

こんばんは。
句を読みまして、私には中七下五の言葉が近藤真彦さんの曲をすぐに映像として頭に浮かびました。他にも同じ名前の曲もあったのですね。
季語から、私は恋愛が上手くいっているように見えて彼女にいいように振り回されてる彼氏の光景をイメージしました。
最近、秋の句を3つ投句しましたので、コメントお願いいたします。

点数: 0

秋時雨森から狸小路見る

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 秋時雨藪から狸こちを見る

こんばんは。
オニヤンマの句跨り句のコメントありがとうございます。
句を読みまして確かに季重なりがありますが、季重なりにならない例句を思いつきましたので、添削句に記載しました。
秋時雨降る時の札幌の高い山の森から狸小路を見下ろしてるイメージの光景を句にしました。人物像は読者に委ねてみました。
あと、以前望月の句を投句しましたのでこちらの句のコメントをお願いいたします。

点数: 1

公園のアクエリアスや鳩の餌

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 夏休みアクエリアスは蝶の餌

初めまして、カイです。 本職の仕事が立て続けに山積みでこのページからは少し離れていましたが、作句は続けまして、少し前に久方振りに投句しました。
句を見ますと季重なりがやはり気になりましたが、他の方がコメントしてますので割愛します。
あと、俳句季語を主役にしないといけません。この句ですと季語のなかでは私にはアクエリアスが一番主役の季語になってると感じました。
そこでアクエリアスを季語とした句を手直しした句に記載しました。
イメージとしては公園で飲んでたアクエリアスがこぼれ落ちてそれが鳩の餌になったという映像句です。
あと、句を投句しましたのでよければコメントお願い致します。

指摘事項: 季重なり

点数: 0

「知らぬふりしてる空き家の桜かな」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 知らぬふりしてる空き家の桜かな

はじめまして、カイです。
ここ1年ほど本職の仕事の立て込みと良い句が出来ないが重なり少しこのページから離れていました。
擬人化句だなと感じました。
あと二つお願いがあります。
先ほど句を投句しましたのでよろしければコメントお願い致します。
あと、桜かなの下五から良さそうな句が閃いたので桜かなの言い回し使ってよろしいですか?
あらかじめ断りを入れればトラブルは避けれると考えこのコメントに記載しました。
何卒よろしくお願い致します。

点数: 0

鬼胡桃さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

食堂へ5個のブッシュドノエルかな

回答数 : 3

投稿日時:

狛犬の耳に5本の氷柱かな

回答数 : 2

投稿日時:

皺深き漁師へホットドリンクス

回答数 : 0

投稿日時:

地獄谷展望台へ冬蛍

回答数 : 0

投稿日時:

暖冬や磨く百個のトラバサミ

回答数 : 0

投稿日時:

鬼胡桃さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

木の根開く六十路手前の職求め

作者名 杉田信女 回答数 : 1

投稿日時:

黄水仙少女の首はまだ細く

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼けに燃える拓郎野外フェス

作者名 そうり 回答数 : 11

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ