俳句添削道場(投句と批評)
なおじいさんのランク: 師匠1221段 合計点: 3,782

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

お土産の手提げを胸に秋時雨

回答数 : 9

投稿日時:

湯めぐりの石段濡らす秋時雨

回答数 : 16

投稿日時:

知らぬ間に君の手を取る夏祭

回答数 : 8

投稿日時:

芋煮会やろうかみんな来るのなら

回答数 : 13

投稿日時:

枝揺れて風あるを知る柳かな

回答数 : 13

投稿日時:

なおじいさんの添削

「三人の親友があり冬銀河」の批評

添削した俳句: 三人の親友があり冬銀河

友也さん、こんにちは。
御句拝読しました。
牧師さんの教え、素晴らしいですね。
ただ私は、また皆さんから反感を買うかもしれませんが、「三人」の意図が伝わるかなと思うのですよ。
私たちはコメントを読みますから、「なるほど、牧師様の教えなのだな」と思います。しかし一般的には俳句だけの勝負。その時に、「三人」が理解されるかなと思います。

私の提案句は、

・一人でも親友のあり冬銀河
・とりあえず一人の親友冬銀河

御句、親友が三人いらっしゃるのはいいことです。しかし、なぜ三人?四人でなくて?という疑問がつきまとうかと思いました。そこをお伝えください。

師の曰く友は三人冬銀河

点数: 0

「布団の中世界は広しスマホかな」の批評

添削した俳句: 布団の中世界は広しスマホかな

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。本当にスマホは万能だなと感じます。今までカバンに入っていた携帯電話(これもすごいですが)、カメラ、メモ帳、地図、辞書、ウォークマン、そしてパソコン、テレビ、ラジオ、もっと有りますが、これらの機能が全部、あの油揚げ一枚くらいの機械の中に収まっているのですものね。恐ろしいことです(笑)。
さて御句ですが、中七で終止形で切れているために、下五の「スマホかな」が付け足したように読めます。
下五で名詞+かなで締める場合は、中七を連体形で終えるのがいいようです。

・布団より世界の見えるスマホかな
・布団のなか世界広ぐるスマホかな

ただ私もたしかそうだと思って申し上げていますので、もし間違っていましたら、他の方々、ご訂正ください。よろしくお願いします。

点数: 0

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

添削した俳句: 毛糸編む老婆の歌ふひばりかな

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
まず御句について、私は

・毛糸編む老いの口からひばり節

と提案します。「老い」では女性かどうかわかりませんが、「毛糸編む」で想像してもらえるかと。最初は「口からひばり出る」でしたが、それでは手品かホラーだ(笑)。

また、アムロちゃん消えてしまいましたので、お詫びに次の句を置かせていただきます。

・先(さき)歩みひばりの歌だ光る浜

一度読み終わたら先頭につなげます。そうすると、御句にいなかったあと二人の歌姫が登場します。でも残念ながら季語が…。
ひばりは春の季語ですがここでは違うしね…。悔しい(笑)!

点数: 3

「壁有りて超えれぬ冬の壁有りて」の批評

添削した俳句: 壁有りて超えれぬ冬の壁有りて

めでかやさん、こんにちは。
御句拝読しました。この心情はとてもよくわかります。しかし、越えられぬ壁はない、とどなたかが言っておられました。越えられない、と諦めた途端に、その壁は越えられぬ壁になるのでしょう。

さて御句ですが、私は二点気になりました。
一点目、「壁有りて」のリフレインの効果が今一つわかりません。俳句はご存知のように十七音しかありませんから、よほどでないと繰り返しはもったいないと思います。

二点目、「超えれぬ」ですが、「ら抜き言葉」になっています。また、「超える」ですが、これは精神的なことに使い、「越える」は物理的なことに使います。めでかやさんの場合は精神的な壁?だったら「超える」でいいですかね。私は「越える」派ですが…。

・冬来たりまだ越えられぬ壁有りて

「まだ」が、今一つかと思いますが、ちょっとこれで失礼します、すみません。

点数: 1

「サッカーで過ぎる勤労感謝の日」の批評

添削した俳句: サッカーで過ぎる勤労感謝の日

イサクさん、こんにちは。
拙句「UVもはや」にコメント有難うございました。イサクさんのコメントに「いいね」が4つ!
先日の、私が直次郎からすぐなおじいに戻った時のげばさんのコメントも「いいね」が6個と、なんだか私の投句へのお二方のコメントに「いいね」がたくさん入って悔しいです(笑)。

さて御句拝読しました。イサクさんにしては普通っぽいな、それに、一般的には「サッカーで過ごす勤労感謝の日」と詠むだろうに、なぜ「過ぎる」?などと思っていました。
そのうち気がつきました。そうか、この過ぎるは、一日が終わるということですね、すなわち、日付けが変わると。
そうですよねー、時差はさることながら、アディショナルタイムの長かったこと!特に後半は、ようやく45分終わったと思ったら、なんと追加が7分も!時計の進みのなんと遅かったことか!
私は、この道場でコメントを書いているとすぐに時間が経つので、よし、誰かにコメントしようと(笑)。しかし全く集中出来ず、ただ皆さんの投句を眺めているだけ。もう5-6分経ったかなとか思ってテレビ見ると、まだ1分くらいしか経ってない〜!ぎゃー、早く、早く終われ、わー、勝ったー!
前半見て寝てしまった妻を叩き起こしました。妻は「夢?」なんて言いながら目をパチクリ。落語の「芝浜」じゃないよ(笑)!

点数: 0

なおじいさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ