俳句添削道場(投句と批評)
負乗さんのランク: 師匠535段 合計点: 1,724

負乗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

大路行けば捌けて白き花水木

回答数 : 13

投稿日時:

美しい日本の私蕨採る

回答数 : 9

投稿日時:

花見とて花何処にもあり花見

回答数 : 4

投稿日時:

店のママ入学式に着るドレス

回答数 : 11

投稿日時:

青空に姫神様と花見かな

回答数 : 2

投稿日時:

負乗さんの添削

「馬鹿だけど夏恋仕事するんです」の批評

添削した俳句: 馬鹿だけど夏恋仕事するんです

美雪さん、こんばんは🙂
お世話になります。

あれ、「恋は昔に置いてきた」のでは…?
ずいぶん忙しいですね…😄

恋をしなくちゃ❗
私も、六十二歳、まだまだ、恋をするつもりです😁
どんな愛でもいいい〜🎶 すがれる、ものなら〜🎶😔
馬鹿でもいいんです❗

宜しくお願いします。

点数: 2

「紅の花火闇夜と恋に落つ」の批評

添削した俳句: 紅の花火闇夜と恋に落つ

紅葉様、初めまして😐

花火の紅(赤や黄色のパチパチ…)と"夜の闇"のコントラストを、「恋に落つ」としたところは、鮮やかだと、思いました。

うむ…何か、意味深、ですかね…

紅葉さんは、女性ですか…?

恋に落ちて下さい!

宜しくお願いします。

点数: 1

「半夏生優しすぎても駄目なのね」の批評

添削した俳句: 半夏生優しすぎても駄目なのね

美雪さん、おはようございます🍀
お世話になります。

近頃、季語 +主情語…(口語)の句が、増えましたね…😄

優しすぎても、駄目だと思います。
僕も、優しすぎるので、いつも失敗します…😔

「半夏生優しすぎるがデブの故」

とか…(笑)

また宜しくお願いします。

点数: 1

「短夜や吾を狩らずして去りにけり」の批評

添削した俳句: 短夜や吾を狩らずして去りにけり

みづかづさん、おはようございます 🙂

中八なので、中七に…

「短夜や吾狩らずして去りにけり」
「短夜や吾狩らずして去る女」

…うむ、女性に、"狩る" を求める、のも…
男が狩らなきゃ、いけないんですけどね…(私も
ですが…😄)

もう会えません…😁

宜しくお願いします。

点数: 0

「汗染みたリュック誇らし生駒山」の批評

添削した俳句: 汗染みたリュック誇らし生駒山

閑歩さん、こんにちは🙂 初めまして。

「生駒山」の語は、さまざまな歴史的な含みもあって、好きですね。
難は、「汗染みた」ですかね…(これは口語です😔)
ですから、文語に拘ればで、

「汗染みしリュック誇らし生駒山」

となるはずです。

あるいは、

「汗の染むリュック誇らし生駒山」

ですかね…

偉そうに、すいません😣💦
宜しくお願いします。

点数: 1

負乗さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ