俳句添削道場(投句と批評)
水越里絵さんのランク: 10段 合計点: 29

水越里絵さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

すすきとりのんびり歩く住宅街

回答数 : 3

投稿日時:

秋冷の朝にうれしい二度寝なり

回答数 : 3

投稿日時:

秋茄子の見事な艶にあやかりたい

回答数 : 2

投稿日時:

お彼岸にさびしい無人墓参り

回答数 : 2

投稿日時:

寄り道や大きな荷物秋時雨

回答数 : 2

投稿日時:

水越里絵さんの添削

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

添削した俳句: 冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像

そうりさま
いつも添削ありがとうございます。
豚汁の俳句、お褒めいただき嬉しかったです。
そうりさまの句は透き通ったようなきれいなお顔立ちの裸婦を思わせました。実物を見てみたくなりました。

点数: 1

「逃げ足のみなしご猫や冬あはれ」の批評

添削した俳句: 逃げ足のみなしご猫や冬あはれ

秋沙美さま。
いつも添削ありがとうございます。
説明っぽくならないように作るのは難しいです。気をつけてはいるのですが。

点数: 1

「ポケットの手のいる時間冬隣」の批評

添削した俳句: ポケットの手のいる時間冬隣

鳥越さま。
いつも添削ありがとうございます。
秋色の句への添削、朱というような粋な言葉がなかなかでてきません。勉強になります。

点数: 1

「ジャズメンの如きアレンジ虫すだく」の批評

添削した俳句: ジャズメンの如きアレンジ虫すだく

かこのさま。
添削はおこがましいので感想を送らせていただきます。
とても素敵な句でぐっときました。
虫たちの演奏が目の前に浮かびました。

点数: 2

「廃校のベンチの骨に降る銀杏」の批評

添削した俳句: 廃校のベンチの骨に降る銀杏

秋沙美さま。
添削恐れ入ります。
確かに旨みと直接的に表現しないほうがいいのかもしれません。
ありがとうございました。

点数: 0

水越里絵さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ